「 和書 」一覧

憎しみと愛、差別がテーマの大人向き絵本2冊

憎しみと愛、差別がテーマの大人向き絵本2冊

3月に絵本作家 黒井健さんの講演を聞きに行きました。講演の中で、黒井さんがイラストを担当した絵本紹介で気になった絵本2冊を図書館で借りて読み...

記事を読む

子どものしつけと叱り方?

子どものしつけと叱り方?

子育てしていると、「こんなガミガミ怒ってばかりいていいのかな」とか、「叱るってどういうことかな」とか、「叱ったり怒ったりする以外に、お互いが...

記事を読む

天才画家 ランドルフ・コルデコット

天才画家 ランドルフ・コルデコット

先日行橋市図書館で見つけた、とても面白そうな本。『疾走した画家 ランドルフ・コルデコット』を借りました。コルデコットのことがいろいろわかり、...

記事を読む

希望・勇気 それは一つの命から

希望・勇気 それは一つの命から

行橋市図書館にある和書の紹介です。この本は図書館の方からのおすすめです。DVD付き絵本です。 2011年3月11日に起きた東日本大震災で、...

記事を読む

無許可でお酒やら酢を家で作ると・・・

無許可でお酒やら酢を家で作ると・・・

図書館で借りた本がとても面白かったので、紹介します。 ドブロクをつくろう 間違っても「ドブロク作ったんだ~♪」と公言しな...

記事を読む

自分はどんな人間? 脳と人格

自分はどんな人間? 脳と人格

脳の謎への旅をしてきました。 やっと読めた『サイコパス・インサイド』。専門用語がとても多く、いかにも学者が書きましたという文章だったの...

記事を読む

ちゃうねん ええねん

ちゃうねん ええねん

翻訳が面白かった絵本が図書館にあったので、読んでみました。 この前の土曜日に、ぽこすけと図書館へ行きました。午前中はシェリルの子どもの...

記事を読む

命の物語 その2

命の物語 その2

昨日の続きで、図書館で借りた2冊目の本をご紹介します。 『いのちをいただく』 絵本というか、児童書といっていいかもしれま...

記事を読む

命の物語 その1

命の物語 その1

私が行橋市に来て2年と9か月になります。行橋市には知り合いもいないし、会社勤めではなく自宅で孤独に仕事をする生活なため、友だちができるか不安...

記事を読む

童話の世界と家庭と子ども

童話の世界と家庭と子ども

久しぶりに和書について書きます。 ラプンツェルをきっかけに、グリム童話を紐解いてみた 最近読んだ本は、『初版 グリム童話集1』 ...

記事を読む