行き帰りの道がすごいフランス料理店

8月14日、ぽこすけが一人でじいじばあばの家にお泊りしました。この日、ぽこすけのいとこ達が集まっていたので、楽しい時間を過ごしていたようです。
私達夫婦は何をしていたかというと・・・
二人きりで過ごすということがあまりないために、ちょっとおいしいものを食べに行こうかということになりました。お酒を飲みたいというダンナちゃんの希望、それも二人で飲みたいという希望をかなえるべく、近場で評判の良いレストランを探すことにしました。
ありましたね。すごいところが。料理がすばらしくおいしくて、しかもリーズナブル。お店とは関係ないですが、我が家から徒歩で行った道がこれまたすごい。以下、紹介したいと思います。

初めての夫婦二人きりのディナー?!

ダンナちゃんによると、ディナーで二人だけというのは初めてらしいです。よく思い出してみると、二人でランチはあるけれど、ディナーは確かに初めてでした。ぽこすけが一人でお泊りできるまでに成長して、少しさびしくもありますが、こうして静かに落ち着いておいしいお食事ができるなんて。
さて、今回行ったのは、行橋市にある「西洋割烹わたなべ」というレストランです。フランス料理のディナーコースって、結構なお値段しますけど、ここは安い!!3,500円、5,000円、7,000円のコースがあります。私達は3,500円のコースにしました。
予約して行ったのですが、手元にある資料でもインターネットでも、各コース料理の全体像がいまいちつかめず、近頃たくさん食べられなくなってしまったので、無難に3,500円コースにしたのです。
でももしも足りなかったら・・・と思って聞いてみると、なんと単品のメニューがないそうです。う・・・まぁしゃあない。行ってみよ~ということで、はじまりはじまり。

徒歩で行くことに

地図で調べると、家からレストランまで2Km。歩けんことはない。お天気もいい。暑いけれど。
二人ともお酒を飲むので、徒歩で行ってみることにしました。帰りは気分によってタクシー使ってもいいねということで。

近いのは近いのだけれど、ここらへんって道路が狭くて歩道がないのですよね。だから歩くのが少々怖いのです。そこで農道を歩いて行こうということになりました(笑)
そのほうがちょっとだけ距離も短くなるかもしれないし。何より静かで危なくない。その上なんか面白い^-^
農道デートやね~とか言いながら、わくわくして出かけました。

フランス料理店に向けて出発

フランス料理店に向けて出発

およそ2Kmの道のりの半分以上はこんな道でした。日が沈むころだったので、空の色がきれいでした。地面は土と草なので、昼間の暑さがこもっていなくてアスファルト上を歩くよりも快適でした。虫の声を聞きながら、時々風に吹かれて。それでも汗はじっとりと・・・。

こんな道が道中の半分以上

こんな道が道中の半分以上

夕方の空がきれい

夕方の空がきれい

お店到着 入店

フランス料理店「わたなべ」外観

フランス料理店「わたなべ」外観

今川沿いにありました。ここは車でだと5分ぐらいで着くのですが、今日は徒歩でおよそ25分かかりました。お店に着くと、汗がじっとり額に浮かんでいました(笑)

お店は普通の一軒家を改装しています。中に入ると厨房がチラ見え。右手に廊下があって、扉がいくつかありました。そのうちの一つを開いて中へ案内されました。
中はすごく大きいわけではありませんが、2人用のテーブルが余裕のスペースを空けて10組ぐらいあったような。テーブルとテーブルの間には、薄いパーティション。けれど結局この広間には、食事が終わるまで私達夫婦だけでした。
間仕切りの向こう側にある部屋には、また一家族が食事していたようでした。かすかに音楽が流れ、静かで落ち着いた空間でした。

お料理は一番安いコースにしましたが、お酒は好きなものを頼みました。まずは私も飲めるスパークリングワインで乾杯。私は甘口のワインが好きなので、「アスティ・スプマンテ」のハーフボトルを注文しました。
落ち着いて気楽にお酒が飲めるということで、なんか嬉しそうなダンナちゃん^^

うれしそう

うれしそう

ワインで乾杯

ワインで乾杯

見て食べてびっくり 噂どおり実力派フレンチを思い知った

予約前にインターネットで調べると、このお店のレビューは数少ないのですが、どれも非常に高い評価でした。シェフはアイルランド日本大使館料理長も勤めたという経歴。それがどれだけすごいのかは、私にはわかりません(笑)が、とてもおいしかったです。どのお料理にも何かしらおいしい驚きがありました。電話で事前にコースを決めて行ったのですが、電話で「嫌いなものは?」と聞かれました。貝類が苦手なので、そのことを伝えました。行ってみると、貝類がまったくなく、すべておいしくいただけました。

3,500円のコースでしたが、お味はもちろんのこと、量も十分。私は最後はもうこれ以上食べられないというぐらいの満足感でした。
では気になるお料理の写真です。

まずは前菜。鯛が異常なほどおいしかったです。やっぱり新鮮なお魚はサイコーですね!野菜もおいしかったし、何と言うのかわからないのですが、細い松の葉みたいな葉っぱの香りがとても好きでした。

前菜

前菜

これはパン。あたたかくて外はカリッとしていて、中はふんわり。小ぶりのパンを2個いただきました。きれいな黄金に光るオリーブオイルをつけて食べました。オリーブ好きの私とダンナちゃん、とても満足でした。

パンにオリーブオイル

パンにオリーブオイル

かぼちゃのスープ。始めはメレンゲで覆われた白いスープで、一見何かわかりませんでした。かぼちゃのスープと聞き、スプーンで混ぜてみると2層に分かれていたのですね!とても濃厚でおいしかったです。

かぼちゃのスープ

かぼちゃのスープ

メインの魚料理。鯛のポワレでした。皮がカリカリで、身がほっこりやわらか。味付けもとても好きでした。彩りもきれい。

メイン魚料理

メイン魚料理

次がメインの肉料理。鹿児島牛だそうです。とてもやわらかくてジューシーでした。ソースにローズマリーが入っているそうですが、私にはあまり感じられませんでした><;

メイン肉料理

メイン肉料理

デザートです。私はコーヒー、ダンナちゃんは紅茶をお願いしました。ババロアにナッツをトッピングしたバナナとレーズンのケーキ。実はダンナちゃん、レーズンが嫌い。けれどこのケーキを食べたとき、「このレーズンなら食べられる」と言って、全部食べてしまいました。初めてレーズンがおいしいと思ったそうです。私も食べましたが、シワシワ感がなくて、しっとりしたレーズンでした。

デザート

デザート

もしかして足りないかな?なんて心配していましたが、全然そんなことありませんでした。こんなにゆっくりと二人でお話ししながら食事できて嬉しかったです。落ち着いて食事できるって、それだけで幸せだね~なんて言いながら。
もちろん、ぽこすけがいてわーわー言いながら食事するのもまた、後から思い出すと幸せいっぱいのひと時だったと感じることでしょう。たまに大人だけの落ち着いたディナーもいいもんですね。

帰り道 農道パート2

帰りはタクシーにするか、歩くか、迷ったのですが歩いて帰ることにしました。お店を出るときに、お店の人が「タクシー呼びましょうか?」と聞いてくださったのですが、私が「歩いて帰ります。ありがとうございます。」と言うと、びっくりされていました(笑)

行きとは違い、もうすっかり日が暮れて・・・

帰り道 明かりがなく、暗い

帰り道 明かりがなく、暗い

こんな感じ。農道なので、街灯なんてないわけで。真っ暗です。ダンナちゃんの2つのスマホで照らす明かりがなければ、真っ暗で歩けないところでした。写真を撮ろうとしたのですが、なんとカメラのストロボが出てこない!何度撮っても真っ暗で、遠くの明かりがブレまくり。仕方がないので、動画を撮ってみました。
動画でもやはり暗いですが、ちょっとは雰囲気が伝わるかな~と思います。

すごいフレンチディナーデートでした☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。