あったかい気持ちになれるPoppleton

行橋市図書館の洋書レビューです。図書館を大いに利用して、英語を楽しく学びませんか?

『Poppleton Everyday』

洋書のタイトルは『Poppleton Everyday』です。Poppletonというブタのお話しです。3話あり、どれもとても面白くておすすめです。小さなネズミの友達の、こまやかな優しさにジーンときて、ベッドを買いにお店に行ったときのPoppletonの行動に爆笑。友人のヤギに乗せてもらったヨットでは散々な目に。究極のほのぼのストーリーだと思います。

YL 1.2
総語数 715

『Poppleton in Spring』

洋書のタイトルは『Poppleton in Spring』です。同じブタのPoppletonのシリーズです。3話で構成されています。春がテーマですが、3つのお話はそれぞれで完結しています。春はお掃除のシーズン。不要なものがたくさんあるけれど、捨てるのはもったいない・・・Poppletonは親友のCherry Sueに引き取ってもらえるか聞いてみます。第3話でもCherry Sueが登場しますが、彼女の優しさは素晴らしいです。第2話は自転車を買いにお店を訪れるPoppletonですが、種類が多すぎて選べません。その表情が面白いです。

YL 1.2
総語数 710

このシリーズ、おすすめです!私には、Poppletonの天然ぶりがたまりません(笑)。ここに出てくるキャラクターの中には、悪人がいません。みんなとても優しいのです。だからこころがポカポカになりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。