家族でインラインスケート

今我が家で流行っているのは、インラインスケートです。インラインスケートとは、スケート靴の底に車輪4つを縦1列に並べたローラースケートのことをいいます。事の発端は、ぽこすけが好きで見ていたYouTubeの動画、アメリカで放映されているOliviaというTVのマンガ。そのマンガの中で、Oliviaの家族みんながインラインスケートをしていたのを見て、ぽこすけもやりたい!となったのです。そこでクリスマスプレゼントとして、ぽこすけはサンタさんにインラインスケートのセットをお願いしていました。ぽこすけがあまりに楽しそうに滑るので、私もダンナちゃんもやりたくなったのです。

スケートとプロテクターを買って、家族で始めよう!となり、スケートとヘルメットが届いてすぐに、椎田アグリパーク内に屋外のインラインスケート場があるということを知り、まだひじ・ひざ・手のプロテクターが届かないうちに、初す滑りを体験してきました!施設利用は無料です!!駐車場も無料!!さらに!!!利用者は私達だけでした(笑)!貸切よ~~>0<

家族3人、同じスポーツを楽しめる喜び

今までは、ぽこすけが好きだから親がそれに付き合うという形でしたが、親も夢中になれる遊びができたことで、楽しさがさらにさらにアップしました^^ すぐに飽きるような遊びではなく、身体も鍛えられ、寒い冬に屋外でも身体が暖まる。その上お金がかからないなんて!! 夢のようだわ。

ぽこすけには丈夫な身体作りを、ダンナちゃんと私は肥満防止に(笑)。家族の健康維持にも、とてもよいスポーツだと思いました。椎田アグリパーク内にある、屋外のインラインスケート場は、この日利用者は私達だけでした。曇り空で風がそこそこ強かったですが、遊びで滑るには十分な天候でした。いつもここはガラガラなのかな? インラインスケートの大会がこの会場ということなので、その時期はきっとにぎわうのでしょう。とはいえ、まだインラインスケート人口は、そう多くはなさそうです。

walking-in-shida-agri-park

上の写真は、屋外のインラインスケート場へ向かっているところ。下の写真はインラインスケート場。柵で囲われています。

inline-skating-rink

中はそこそこ広くて、いろんな形のスロープや平均台みたいなのとか、障害物?みたいなものがありました。イメージトレーニングのためにYouTubeで見ていた動画に出てきたような物。こんな場所があったとは、なんとラッキーなのでしょう。

many-obstacles

whole-of-the-inline-skating-rink

インラインスケートの準備ができたら、ぽこすけとダンナちゃんは私をおいて、さっさと滑り出しました。楽しそう♪

skating-dad-and-son

われもこ☆初インラインスケート

まず恥をさらすのは(笑)筆者である「われもこ」。ぽこすけのママ、私です。私はインラインスケートは始めてです。小学生のときに、2回ほどアイススケートをした経験があります。滑れたことは滑れましたが、人生でまだ2回しか滑ったことのないアイススケート。アレとさほど変わらないだろうと思い、多分インラインスケートも大丈夫・・・だろうと・・・。とはいえ、アイススケートの記憶・・・遥かかなた(--;

インラインスケートを履いたときの感覚は、まるでスキー靴を履いているときのよう。足首が固定されていて、少し怖い。スキーも何回かだけですが経験したことがあるので、足首を固定された感覚は少々驚きましたが、少し時間が経てば慣れました。下の動画はこの日の滑り始めの、へっぴり腰でこわごわ滑っているのと、練習から1時間経ったときの動画です。

この日、まだプロテクターが届いていなくて、こけるのが怖かったです。極力転ばないように、加減して恐る恐る滑っていましたが、慣れてきた頃に案の定・・・しりもちをついてしまいました。そのときに手がとっさに出てしまい、なんと手のひら打ち身・・・紫色~><; あはは・・・。 数日でよくなりました。

bruise

ダンナちゃん☆初インラインスケート

次はダンナちゃん。彼もアイススケートの経験は数回あるそうです。身体が硬いダンナちゃん、どんな滑りを見せてくれるでしょうか。下の動画は私と同じ、滑り始めと練習から1時間後の動画です。

さすがはダンナちゃん。なかなか上手いです。まだスロープをスケートで登ることができないぽこすけは、小さなスロープのところで手すりをまたいで奇声を発して楽しんでいました(笑)

climbing-up-like-this

ぽこすけ 果敢に挑戦

ぽこすけは私達が滑ることに集中している間、横に倒したコーンの上を飛ぶ練習をしたり、一段上がった台の上を上ったり飛んで降りたり。急なスロープによじ登り、滑り台みたいに滑り降りてきたり・・・。滑ることよりも、そっちのほうが面白いらしいです。それにしても怖がらないのがすごいです!今後の成長が楽しみです。

ジャンプの練習 ぽこ&とし

ぽこすけがジャンプの練習をしているのを見て、滑りに自信が出てきたダンナちゃんが刺激されたようです。ダンナちゃんもジャンプに挑戦。ぽこすけとどっちが早くマスターするでしょうか。

この動画の最後に、メインであるダンナちゃんの向こう側で、ぽこすけが必死に飛び降りる練習をしています。そして動画の終わりに「ジャンプできた」と。すごい@0@;

今後は・・・

先日、プロテクターが届きました。プロテクターをすると安心なので、もっと大胆に滑ることができそうです。こけてもそんなに痛くない^^ 最近ダンナちゃんは土日も仕事のことが多く、家族3人でまたここに来れるのはいつになるかわかりません。でも私とぽこすけ二人でも行って練習しようと思います。車で40分ぐらいのところにあるので嬉しいです。この日から日曜日はずっと天気が悪く、まだ行けていませんが、そのうちに・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. とっても微笑ましい光景ですね。家族みんなで楽しめるなんて。われもこさんも楽しそうでしたよ。
    アメリカのテレビマンガがきっかけとは、どこに素敵なことの芽があるかわかりませんね。3人で手を繋いでスィーッと滑れる日もそんなに遠くないのではないでしょうか?

    • waremoko より:

      ゆかりさん
      アメリカのテレビマンガ。本当にどこに素敵なことの芽があるかと私も思います。私は完全にスルーするようなシーンでも、ぽこすけの中ではすごく印象に残っていて、「あれやりたい」との気持ちが高まっていたのですね。ぽこすけが楽しむ姿を見て、私達夫婦もやりたくなってきたのでした。
      寒さと夫の仕事の忙しさで、あの日以来まだ練習していませんが、暖かくなってきたらガンガン練習したいと思います。

  2. いつも楽しみに見ている奇想天外な発想の持ち主? より:

    文章や動画を見ているだけで、気持ちが暖かくなります。家族って、いいなあ・・と
    思います。おそらく外は寒いのでしょうが。こうなると、数ヶ月後のスムースな滑りの動画が楽しみになりますね。

    • waremoko より:

      いつも楽しみに見ている奇想天外な発想の持ち主?さん
      家族っていいですね。子どもが生まれて、そう思うようになりました。寒い中でも滑っているうちに身体は温まってきます。とはいえ、ここ数日の寒さでは無理ですね><;
      今日は思いがけずお会いしてお話ができてよかったです。寒い中、ありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。