レベル別リーダーで基礎力をつける 図書館の洋書紹介

最近すっかり更新頻度が落ちてしまっていて、反省気味。久しぶりに行橋市図書館の洋書レビュー記事です。今回は以前図書館でまとめてリクエストして買ってもらった、英語を読む練習に向いているレベル別のリーダーを紹介します。今回は一番低いレベルの「Puffin Young Readers 1」からいくつか紹介します。

Monkey See, Monkey Do

洋書のタイトルは『Monkey See, Monkey Do』です。英語圏に住む子ども用でレベル別になっている絵本です。英語の勉強、英語を読む練習をしたい人が、無理なくレベルを上げていくのに便利なレベル別の本だと思います。子ども向けなので、大人が読むには幼稚すぎると、特に男性の方は躊躇されるかもしれません。けれども英語がスラスラ読めるレベルでければ、やっぱり初級から積み上げるのがおすすめです。ストーリーを楽しむというよりも、英語が読める楽しさを感じるためにも初級レベルの絵本を読むことは大事です。

この洋書絵本の中身ですが、とても易しい英語で書かれています。辞書なしでも絵を見れば十分理解可能です。動作を表す表現がたくさん出てくるので、勉強になります。

この本の英語レベルはPuffin Young Readers 1で、Puffin Young Readersの中で最もレベルが低いグループです。

Max Has A Fish

洋書のタイトルは『Max Has A Fish』です。これも上と同じレベルの洋書絵本。何冊か図書館に入れてもらったので、借りてみてください。

本の内容は、シンプルなイラストと文章です。男の子Maxは、飼っている魚ができること(芸? 笑)を挙げていきます。できないこともあります。それはダンス。どうにかして一緒に楽しみたいMax。どんな展開になっていくのか、ちょっとわくわくしながらページをめくりました。

Cat Days

洋書のタイトルは『Cat Days』です。短編が3話入っています。ストーリーはとてもシンプルで、理解しやすいです。リズムが変化するので音読すると楽しそうです。どうやって読めばいいか考えながら音読してみるといいかも。

Bake, Mice, Bake!

洋書のタイトルは『Bake, Mice, Bake!』です。ネズミがいろんな焼き菓子を作ります。そしていろんな生き物が買いに来ます。飛ぶように売れていくお菓子。そんなときは作り足します。短いものは2語からなる短文。それでもいろんな表現ができることがわかります。お菓子も美味しそうです。

英語圏の子どものレベル別リーダーについて

英語圏に暮らす子ども達が、文字を読む練習をするために用意された本なので、基本的に日本語訳はありません。中にはとても人気のあるシリーズについて、邦訳があったような・・・なかったかも・・・(汗)。今日紹介したシリーズはないかもしれませんが、たとえばI Can Read Booksというレベル別リーダーもあって、日本でもよく知られている「Frog and Toad」のシリーズは、邦訳が図書館にもあります。ただし「Frog and Toad」は、今日紹介した洋書よりもかなりレベルが高いです。

英語圏の子ども達のリーダーは、私達が英語を読む練習をするにもおすすめなのですが、日本語訳がないために、どうしても意味を知りたいと言うとき、辞書を引いてもわからないというときには困るかもしれません。けれどもたとえそんなことが何回あろうとも、「ま、いいか」と言ってさらりと流す勇気、いい加減さが英語学習を継続させる上ではとても必要です。

がんばりすぎると必ず疲れてしまうので、がんばりたい気持ちはおさえつつ、力を抜いて続けることも大切です^^ いい加減に見えるようなリーディングを何年か続けるうちに、気がつくと英語を読む力がついています。そうなってからがんばっても全然遅くないと、私は思います!^-^!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。