海の幸を求めて糸島へ

今年の11月6日に、家族3人で糸島へ行ってきました!目的はもちろん美味しい牡蠣、エビをいただくことでした。私はもう一つ、お目当てがありましたが。それは記事の最後に・・・。

糸島の場所

福岡県の西南部に位置する糸島。ここは福岡市から車で30分ほどでいける場所。海がとてもきれいで、美味しい海の幸がいただけます。行橋市からは福岡市までも距離があるので、ちょっと遠いですが行く価値ありな素敵な場所。

糸島の牡蠣小屋

http://糸島観光.com/kakigoya.htmlより

私達はこの日、岐志(きし)漁港へ行きました。牡蠣小屋は漁港ごとにあるようで、糸島には地図の通りいくつかの牡蠣小屋が分散しています。

牡蠣!

私は牡蠣、その他の貝が嫌い。食べられません。けれどダンナちゃんとぽこすけが大好きなのです。私は二人が美味しそうに牡蠣を食べるのを横目に、エビ、魚、イカを食べました^0^ 貝類以外の海の幸は、大概大好きです。

貝類は嫌いなのだけれど、好きな人にはたまらなくおいしいのだろうな~と、焼けるのと食べるのを見ていて、そう思いました。貝類は食べず嫌いなのではなく、何度か食べたのですがどうしても好きになれませんでした。見た目と食感と匂いがたまらなく嫌なのです。

イカも魚も、大きくて身が分厚い!そして新鮮、プリプリ!

イカの足にかぶりつくぽこすけ。この子は見た目がグロいものでも(牡蠣のこと)、全く動じることなくパクつきます。偉いわ~。私は家で一切、貝料理をしません。それでも貝類が大好きな様子。いつもパパと、牡蠣に飢えています。

会話なく、ただ必死で食べる3人

カニと同じ状況です。焼いて、剥いて、食べて、焼いて、剥いて、食べて。大忙しです。お腹が満たされるまでは、お互いの顔も見ないほどに、夢中で食べていました。まぁ、それが家族のいいところですかね。気兼ねしないという^m^

どこのお店も大体同じなのかもしれません。私達の入ったお店のメニューはこんな感じでした↓

満たされて、やっと余裕がでてきた

お腹が満たされて、周りを観察したりお互いの写真を撮ったりする余裕ができてきました。必死な顔から笑顔もチラリ。

私が来ているオレンジの服と、ぽこすけのエプロンは、お店で借りられます。炭火で焼くのですがテーブルの数が半端なく多い。だからしばらく座っていると、頭の上や肩がうっすらと灰で白くなるのです。振り払えば取れるから問題ないのですが、服を借りて、私はカバンとカメラにはカバーをかけておきました。

炭火だし新鮮だし、とても美味しかったです。美味しいものをお腹いっぱいになるまで食べられるなんて、幸せ。

私のお目当ては・・・豚足だった

糸島の豚足が美味しいのです。プリンとしていて、香ばしくて、なんといってもコラーゲンたっぷりでお肌にいいじゃない。糸島へ行ったら、絶対に買って帰ろうと思っていました。

さっきお腹いっぱい食べたはずなのに、お店のスイーツ見ていたら食べたくなってきた。いろいろあったけれど、チーズケーキにしました。

箱に入ったりしていなくて、無造作にだいたい一口サイズに切られていて、なんか適当。でもそれがまた食欲誘ったりして。安いのも魅力。

手づくり感いっぱいで、見た目美味しそうだったのですが、実際のお味は・・・?

めちゃ美味しかったです!大阪なんばの「りくろーおじさんのチーズケーキ」に似た味でした。

JA糸島産直市場 伊都菜彩

豚足とチーズケーキを買ったのは、JA糸島産直市場 伊都菜彩という場所です。野菜や果物をはじめ、お米、糸島牛や糸島豚などの畜産物、花、鮮魚類、お惣菜、各種加工品などが豊富です。私はスイーツコーナー、大変気に入りました!

豚足もいろんなメーカーのがあって、全部食べてみたかったです。もちろん野菜や魚など、安くて新鮮で、毎日こんなところでお買い物できたらな~と思いました。保冷材などを持ってきていなかったので、今回は泣く泣く買うのをあきらめました;;

伊都菜彩のホームページを下記にリンクしておきます。

JA糸島産直市場 伊都菜彩

後日のランチ・・・

平日は家で一人ランチがお決まりです。糸島へ行った後のある日の私のお家ランチは・・・豚足ランチ(笑) 美味でした。美肌になぁれ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。