2月「英語絵本の会」in 行橋

今日は月に一度の「英語絵本の会」でした。今回もたくさんの方にご参加いただきました。やっぱり館長さんがいらっしゃると、参加者が多くなる気がするのは私だけでしょうか。近くで絵本をご覧になっている親子を誘ってくださっているようです。私は会場で準備していて、観察している余裕はないのですが、どうもそんな感じです。参加いただいたのは、子ども7名、大人17名です。

読み聞かせ会で読んだ絵本

Three Little Pigs

今回はトップバッターはかわいい女の子のママさん。読んだ洋書は『Three Little Pigs』。日本語のタイトルは『さんびきのこぶた』。お子さんが気に入ったという絵本を読んだそうです。さすがママさん。子どもたちの関心をバリバリ引きながら、練習タイムで国際交流員さんにもらったアドバイスで、練習時よりもいい感じ。

Where the Wild Things Are

2番目は私。洋書タイトルは『Where the Wild Things Are』。日本語のタイトルは『かいじゅうたちのいるところ』。ぽこすけが気に入って、毎晩読んでと言っていたために、急なピンチヒッターでも大丈夫でした。絵だけのところは、初めは効果音とか叫び声を考えていましたが、結局叫び声ちょっとと、あとは自分で文章を作りました。そのほうが誰でもわかるかしらと思って。セリフのところは感情をこめて。"I’ll eat you up!"とかね。笑いも取れて、私としては満足でした。(関西人なので・・・笑)

英語のうた

ここで一息。気分転換に英語のうたを。これは部屋にいる人み~んなで楽しく歌いました。

A Color of His Own

最後は英語の先生をしていらっしゃる女性。良い声なさっているので、私は好きなんです。いい絵本も選んでいらっしゃいました。さすがです!洋書タイトルは『A Color of His Own』。日本語のタイトルは『じぶんだけのいろ』。

会の最後に

終わってから、臨時の会議を開き(とっても立ち話ですが)、今後の方向性を話しあいました。率直な意見が聞けて、とてもよかったです。今回の企画は、期間限定で来月で終わりなのです。正直、メンバーさんの雰囲気次第では、もう終わろうかな~とも思ったりしていました。けれどもそんな私の不安とは逆に、やる気満々のメンバーさんたちの姿に勇気をいただきました。

これからの会の発展、メンバー全員の成長に向けて、新たな動きを次回から取り入れて行こうと思っています。来月から強力新メンバーも加わります。楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 佐藤 ゆかり より:

    1 ■無題
    すごいですね。バイタリティーありますね。こういう会を催したいと、図書館に申し出をされたのですか?こどもたちは本の内容を理解できるものなのでしょうか?興味深々。頑張ってください!
    http://ameblo.jp/myjapanmyuk/

  2. われもこ より:

    2 ■Re:ゆかりさん
    >佐藤 ゆかりさん
    コメントありがとうございます^^
    始めは市にメールを送ったのです。
    こんな趣旨の会をやりたいと。
    個人でやるには費用もかかるうえに、準備も人集めも大変だと思ったからです。
    英語ネイティブの国際交流員さんを市に依頼して、毎回出席してもらいます。
    洋書絵本は、個人負担しなくていいように、図書館の本を使用します。
    市民に知られることにより、結果として市、図書館、会の参加者、3者がうれしいというしくみです。
    朗読は英語オンリーですが、朗読する本を読み手が厳しい目(笑)で選ぶので、絵を見たらだいたいわかるみたいです。
    保育園の年少さん、幼稚園になると、知ってる話もあるだろうし、絵を見て理解して、それなりに雰囲気を楽しんでいるようです。
    そういうことができるから、絵本ってすごいと思います!
    子どものパパママさんたちは、とてもにこやかに子どもや読み手を見ててくれるんですよ。
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/

  3. 佐藤 ゆかり より:

    3 ■Re:Re:ゆかりさん
    >われもこさんへ
    なるほど、Good Idea ですね。
    素晴らしいです。そういうスピリットにまたまた刺激されます。更なる発展を!
    http://ameblo.jp/myjapanmyuk/

  4. われもこ より:

    4 ■Re:ゆかりさんへ
    >佐藤 ゆかりさん
    ありがとうございます♪
    自分の力だけで何かしようとしてもダメですね。
    皆の力を借りて、何かを一緒に成し遂げて、その恩恵を皆で受けるといいですね。
    仲間がいれば、嬉しさは一人の時よりも大きくなりますし^^
    市と市民、立場が違うから、求めるものも違うけれど、同じ行動で違う利益が互いが同時に得られるのですよね^-^
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。