4月の「英語絵本の読み聞かせ会」

ずいぶん遅い報告となりました。4月の行橋市図書館での「英語絵本の読み聞かせ会」が、24日(木)にありました。大人16名、子ども4名の参加でした。

事前の練習会には、新メンバーの方2人とも出席で、初めに自己紹介をして盛り上がりました。前回から練習会での会話は、英語ですることにして<いましたので、自己紹介もほとんどみなさん英語でされました。英語の中に日本語も混じりながらの、楽しい交流でした。

新しいメンバーの方2人は、英語が堪能なんですよ。お一人は児童に英語を教えていた人で、留学経験をお持ちの方。もう一人はフィリピンの人なのです。フィリピン出身で、日本にはもう20数年住んでいるのですって。英語は完璧なのはもちろんのこと、日本語はまるでネイティブ。初対面の時、目鼻立ちのはっきりした日本人かと思っていましたから(笑)

新メンバーが加わって、いい感じになってきました。今年は会の英語レベルアップは必至でしょう。さて、読み聞かせ会の内容です。3人の方が読み聞かせをしました。そのうち2人は新メンバーさん。

What’s the Time, Mr.Wolf?

1冊目の本は、『What’s the Time, Mr.Wolf?』。このオオカミさん、パペットなんですよ。後ろから手を入れて、口のところをパクパク動かせるんです。かわいくてかわいくて。読み手のアイデアで、"What’s the time, Mr. Wolf?"というところを、会場の人全員で声に出していうようにしました。みーんな参加してくれて、楽しかったです。一体感出てました。パペットのオオカミは私を食べた後、前列でお話を聞いていた子どもたちを一人残らず食べてしまいました。

Seven Baby Goats

2冊目は、『Seven Baby Goats』。日本語のタイトルは『7ひきのこやぎ』。いもとようこさんの絵で、とてもやさしい絵でした。7匹の子ヤギのお話は、みんな知っていますが英語で聞くと新鮮だったのではないでしょうか。読み手の方は、毎回すごく練習されてくるのでとても聞きやすかったです。優しい声で読み聞かせされるのですが、この絵の雰囲気にピッタリでした。

ここで休憩の意味も込めて、英語のうたを皆で歌いました。4月から新しいうたです。『Bingo!』という楽しいうたです。手拍子があって、気分転換にはピッタリかな。

『A Teddy Bear』

3冊目は『A Teddy Bear』。これもまた、かわいらしい絵でした。クマちゃん、初めは汚れてて・・・しかもバラバラ・・・(汗)バラバラのパーツを一つ一つ合わせていって、そしてクマちゃんになる。最後は綺麗に洗ってあげて、ピッカピカの可愛らしいクマちゃんになるというお話。

読み手がまた上手い。絵本も面白い。読み手の横で、国際交流員のシェリルさんがクマちゃんになってパフォーマンスを披露してくれたのがとてもかわいかったです。今回は普段よりも一段と、会場の一体感が楽しめました。ご参加くださった方に感謝します。ありがとうございました。

また今月も22日(木)に「英語絵本の会」やりますよ~♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。