行橋市図書館の洋書絵本一覧

深く味わって、洋書絵本 Spotシリーズ

行橋市図書館に新しく入った洋書絵本を紹介します。日本語訳の「コロちゃん」シリーズといえばおわかりいただけるでしょうか。易しい英語、仕掛け絵本。それだけで子どもたちは大喜び。実は大人も簡単な英語からも、いろんな学びが得られます。シンプルな英語だからこそ気づくこともあるのです。

Am I Real? うさぎの想い

行橋市図書館の洋書です。オリジナルのイラストとは違いますが、こちらのイラストは優しく繊細なタッチ。男の子とぬいぐるみのうさぎの物語です。日本語のタイトルは『ビロードのうさぎ』。静かな感動と、ちょっぴり切ない気持ちが交錯する読後感でした。

グリムとセンダックの渾身作

行橋市図書館で、素晴らしい絵本に出会えました。グリム童話でおなじみのグリムが物語を書き、「かいじゅうたちのいるところ」の著者であるモーリス・センダックがイラストを描いています。これこそ大人が読む絵本!という絵本でした。読み終わって身体が動かせないほどの衝撃を受けた絵本は初めてでした。

あの赤ちゃんはなぜ悪い?

行橋市図書館の閉架になっている洋書ですが、とても面白いので紹介します。 リズム感があって、繰り返しの表現が多く、ストーリーが単純明快。これこそ読み聞かせにピッタリと思いました。音読練習もしやすいのではないでしょうか。急に立ち止まるゾウ。赤ちゃんに言いたいこととは・・・?ストーリー展開は子どもの気持ちをぐっと掴みそう。

わんぱくぼうずのいくところ

わんぱくぼうずMAXの行くところは?あまりにも有名な絵本『Where the Wild Things Are』。邦訳『かいじゅうたちのいるところ』。子どもがとても大好きで、家にあるにもかかわらず、図書館で借りたいと言い、借りてきました。何度読んでもいいですね。

後ろにいるのは?

行橋市図書館所蔵の洋書レビューです。洋書を楽しみながら、気がつけば英語力がついていた・・・っていいと思いませんか?楽しいから継続するのは簡単だけど、洋書選びが意外と難しいので、参考になればと思って洋書レビューを書いています。

スポンサーリンク
happymylife336x280