子育て中の腱鞘炎 あるある

3月19日に映画ダレンシャンがはじまりますね。今日地下鉄に乗ったとき、広告を見かけました。

家に帰って調べてみると、確かに。Darrenの役の男の子はハンサムな子で、イメージどおり。でもCrepsleyがあんなおっちゃんとは・・・イメージと違う・・・>-<; 私の中ではもっとかっこいいすらっとしたおじさまでした。

ダレンシャンは洋書で1巻からずっと読んできていて、まだ7巻の途中です。過去にこのブログで巻を読み終えるたびに記事を書いてきました。ダレンシャン・・・観たい映画ではあるけど、まだ全巻読んでないから観たくないような・・・。

話題は変わりますが、(というより、こっちが本題か?!)私、右手が腱鞘炎になりました。ぽこちゃんがもう5キロを超えてしまいまして、抱っこしたりするうちに腱鞘炎になってしまいました。どんどんひどくなっていて、今では重いものを持つときはもちろん、手首を回したり、上着を持ったり、はさみでちょきちょき切ったりするだけで、かなり痛いです。

それでも我が子はどんどん重くなっています。今日耐えかねてテーピングのテープを買ってきました。動かさないことが一番って言われているのですが、そういうわけにもいかんやろー! せめてテープで固定してみようかと。

あとになって知ったのですが、子育て中のお母さんが腱鞘炎になるのはよくある話らしいですね! 自分だけじゃないと知ってほっとしたと同時に「当然あるよねー!」とも思いました。なるでしょうね、四六時中アレだけ重たい子を支えなくちゃいけないのだから。うん、なるなる(納得)。

スポンサーリンク
happymylife336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
happymylife336x280

コメント

  1. Kaako より:

    1 ■おひさしぶりです♪
    ごぶさたしています。

    すっかり「おめでとう」に出遅れてしまいました~。(涙)

    おめでとうございます!
    すっかり大きくなって!

    私、15年くらい前に腱鞘炎になってしまったのです。
    お風呂などで温めて症状(手がしびれるとか)がでるようなら冷シップ。
    炎症が治まってきたら温シップを使うようにするといいようです。

    主婦は手を使わないなんて無理ですものねぇ。
    まして赤ちゃんがいるのだから絶対つかいますもんね。
    ぼちぼち治してね♪
    http://plaza.rakuten.co.jp/haruko555okimono/

  2. われもこ より:

    2 ■Re:Kaakoさんへ
    >Kaakoさん
    こんにちは。
    この前お会いしたときはまだお腹に入っていたときで、それもちょっと遠出ができたときですからね~
    腱鞘炎って痛いですね。
    昨日さすがに放っておいたらとんでもないことになるぐらい痛かったので、シップをもらいに行き、テーピングも始めました。
    でも使わないようにするのは無理ですね・・(^^;
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/

  3. 仲間です^^ より:

    3 ■おひさしぶりです・・・
     新年の挨拶もなしに失礼ですが、ご出産おめでとうございます^^

     子育て大変そうですが、「子供の為に苦労するのは、親の幸せ」と云う言葉もあります^^。いい方向に考えて、頑張ってくださいね。

     私はと言うと・・。今年で文字通り、最後の司法試験ですが、「曲げられない女」(水曜・10時)の菅野美穂のように頑張ります(爆)。ちなみに来週、最終回です!(結構、おもしろいです)

     砂を噛むような受験勉強・・。
    頑張って、頑張って勉強しても、今年は50人しか合格枠は無く、報われないかもしれません・・・。
     仮に合格しても、新司法試験の2000人の合格者と資格は同じで、弁護士登録しても就職難・・・

     それでも、私は頑張ろうと思います。この、不毛地帯で・・・・・。今日の最終回、よかったですね「不毛地帯」・・・。

     われもこさんの、幸福をお祈りしています!

  4. われもこ より:

    4 ■Re:仲間です^^さんへ
    >仲間です^^さん
    こんにちは~おひさしぶりです♪
    そうなんですね。今年最後なんですか・・・

    私の受験時代は振り返ってみると、つらかったことがたくさんありましたが、学んだこともたくさんあり、法律の知識だけではなく、ものの考え方とか、柔軟性とか、出会いとか。
    今では何ものにも変えがたい経験であり、宝です。

    がんばってください!応援しています。
    結果だけがすべてではないです。経験を通してなにを得るかですよね。合格すればハッピーになるとは限らず、不合格だとアンハッピーとも限らず。
    何が自分にとっていいかなんて、そのときはわからないものなのかもしれません。
    真剣に自分に向き合い、出したあるいは出た結果が最善であるに違いありません。
    それを生かすも殺すも自分しだいだと、私は思います。

    そういう意味での仲間ですさんの成功をお祈りしています(^^)
    過酷な戦いではありますが、お体を壊されませんように。

    ちなみにうちにはテレビがありません・・
    面白いっていう↑のドラマ、ネットで見てみようかな・・・
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/