ぽこすけの複雑な心理

スポンサーリンク
happymylife336x280

ママの体調不良><;

昨日は朝から体調が極めて悪く、保育園の送り迎えもできず、ずっと家で寝たり起きたりでした。原因ははっきりとはわからないのですが、たぶん疲労とストレスだろうと思います。身体もだるいし、情緒も安定しない。心の安定は、何年か前に比べるととてもいいのですが、たま~にぶり返すときがあるみたい。それも疲れとストレスがきっかけになっているんじゃないかと思っています。古傷が痛む・・・というのに似た感じ。

一時は意識というか自分というか心が壊れてしまうんじゃないかという混乱(錯乱?)と、自分が誰だかわからなくなりそうな恐怖と不安に襲われたりしていました。なんかこうやって書くと、壮絶な感じでしょ? 壮絶やったね・・・。でも昔と違って、一日で良くなるんだから、心配ないと思っています。

3歳2ヶ月、ぽこすけの心理

それで昨日は、朝旦那さんにぽこすけを保育園に連れていってもらいました。いつもよりもずっと早い時間に。そしていつもより、ちょっと早い時間に旦那さんにお迎えに行ってもらいました。仕事の合間をぬって。その足で旦那さんの実家へぽこすけを預けて、夜まで旦那さんの両親にぽこすけを見ててもらいました。

夜の9時過ぎに、旦那さんとともに元気に「ただいま~」と言いながら、帰ってきました。パパと一緒にお風呂に入って、寝るときになって、ぽこすけが私を避けるのに気付いた;; 聞いてみると「ママ嫌い」ですって・・・
弱った身体と心、回復してきたところへ、また刀で斬られるみたいな・・・

何で?と聞いても答えてくれない。「ぽこすけ、ごめんね~。ママ、しんどかったんよ・・・」と言ってもわからない様子。

「ママのこと、嫌い?」
「うん」
「ママのこと好き?」
「ううん(首を横に振る)」
「もうママにあっち行ってほしい?」
「うん」
「じゃあもうバイバイする?」
「うん」
「わかった・・・じゃあ・・・バイバイ、ぽこすけ・・・」
と言って手をバイバイしたら、悲しそうな顔をしました。

そこで、もしやと思って聞いてみました。

「今日ママ、ぽこすけと一緒に保育園行かんかったから?
「うん」
「今日ママ、ぽこすけをお迎えに行かんかったから?」
「うん」
・・・・

「ごめんね~ぽこすけ;;」
「・・・」
「明日、ママと一緒にママのクルマで保育園行こか。」
「うん」
「それで夕方またママが迎えに行って、おうちで一緒に遊ぼか。」
「うん」
「ママのこと、好き?」
「うん(ニコッ)」
「ママも、ぽこすけのことだ~い好き^-^」
(うふふ、あはは・・・)
となりました。

幼児でも先がわからないと不安になる

やっぱりさみしかったんやな~と思いました。訳もわからず、パパにじいじばあばの家に連れて行かれ、ご飯食べて遊んでもらって。じいじばあばのことは大好きなぽこすけでも、やっぱり不安やったんやな~と思いました。私はいつもと違うことが起こるとき、必ずぽこすけに、これからどうなるのかをあらかじめ説明しています。それで大丈夫だからね、いい?と聞いて、反応をうかがって、納得していなさそうだったり、不服そうだったら、また説明して、大丈夫ということをわかってもらっています。笑顔になったら、こちらも安心できるから。

でも昨日は具合悪くて、精神状態も最悪で、説明なんてできる余裕なかったんですよね。旦那さんがしてくれたらよかったかもしれないけど、やっぱり私本人がしてあげるべきだったのでしょう。でも説明できる状態じゃなかったから。もう過ぎたこと、仕方ないですね。最後にはぽこすけもわかってくれたし、仲直りできたからよしとしたいです。

家族に支えられて 自分を大切にする=家族を大切にする

昨夜、園服を旦那さんの実家に忘れていたのですが、両親が朝の忙しいときにも関わらず、約1時間もかけて持ってきてくださいました。両親は私の体調がすぐれなければ、代わりに保育園に連れていくし、お迎えもして、また帰りに夫に迎えに来てもらうけど、と申し出てくれました。

ぽこすけに聞いたら、「ママと行く」と言ったので、そのことを伝えました。じいじばあばも、とても話のわかる素晴らしい両親なので、気持ちよく了解してくださいました。やっぱりぽこすけの気持ち、大切にしてあげなくては、と思いました。今、心と頭が急成長している時期だと思うから、私がその成長を阻害するようなことをしてはいけないな、と感じます。しかし私も人間。パーフェクトではないのです。

だからバランスよく、ママも人間で欠点がいろいろあるのだよ、ということを見せるのも悪い事ではないと思います。後のフォローは絶対に大事ですがね。ばあばとは、この後も2度ほど電話でお話しました。ぽこすけのこと、私のこと、心配してくださいました。旦那さんは本当にいい両親に恵まれて育ったんだな~と思います。だからあんなにやさしくできるのかな~なんて。

ありがたいことです。自分を大切にすることも、大切な家族を守ること。忘れてはいけませんね。

スポンサーリンク
happymylife336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
happymylife336x280

コメント

  1. 大人メイクの決定版☆hiroko より:

    1 ■お大事に
    素敵なご家族ですね。

    ぽこすけ君ももう少し大きくなったら
    ママを守ってくれるようになりますよ。

    ゆっくり休んでくださいね。
    http://ameblo.jp/fancy-face/

  2. チョコレート より:

    2 ■無題
    人間ですもん!疲れたりしますよね(>_<)

    今は、息子さん分からないかも知れないけど、必ず理解してくれますよ(^O^)
    家がそうです!

    息子さん、ホントにお母さん大好きなんですね(^O^)/
    http://ameblo.jp/london-0104/

  3. asuka より:

    3 ■いいなあ♪
    われもこさん、体調いかがですか?
    季節の変わり目でもありますから、無理しないでくださいね。
    ぽこすけくんの話には反応せずにいられません(笑)
    私がわれもこさんなら、こんな風に出来るかなあ?と読みました。
    子供だから、というのではなく、
    ちゃんと理由を説明してあげることは大事ですね♪
    お義父さん、お義母さんもステキ♡
    http://ameblo.jp/pinplu/

  4. Rebecca より:

    4 ■母親
    ぽこすけくんは、お母さんが大好きなんですね(´∀`*)!
    今はまだお母さんの状況や気持ちがわからなくて、不安で、
    自分の気持ちと反対のことを言ってしまったりするんですね・・

    「きらい」と言われてそのままにしておかず
    ぽこすけくんの本当の気持ちをうまく聞きだしてあげられるわれもこさん、本当に素敵なお母さんだと思います。
    無理せず、心と身体を休めてくださいね!
    http://ameblo.jp/e-torisetu/

  5. われもこ より:

    5 ■Re:hirokoさんへ
    >大人メイクの決定版☆hirokoさん
    コメントありがとうございます。
    そうですね☆
    ぽこすけはきっと、パパ譲りの優しさでママを
    守ってくれるでしょうね~
    た、たのしみ~><
    お気遣いありがとうございます。
    今はすっかりよくなりました。
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/

  6. われもこ より:

    6 ■Re:チョコレートさんへ
    >チョコレートさん
    コメントありがとうございます。
    チョコレートさんのおうちでは、お子様が
    ちゃんと理解してくれているのですね!
    素晴らしいですね^^
    そういう関係を、私たち家族も築いていき
    たいです。
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/

  7. われもこ より:

    7 ■Re:asukaさんへ
    >asukaさん
    コメントありがとうございます。
    親になったとき、私は具体的なお手本に
    なる親とか記憶がなかったものですから
    まさに手探り状態。
    asukaさんは日々いろんなことを見つめて
    生きていらっしゃるので、大丈夫ですよ。
    自分以外の人間を理解するのは、本当に
    難しいことですね。
    まず自分自身を理解できなければ・・・
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/

  8. われもこ より:

    8 ■Re:Rebeccaさんへ
    >Rebeccaさん
    コメントありがとうございます。
    まだ大人の事情というやつを理解できる年齢
    ではないですね^m^
    自分が子どもの頃に、何か満たされない思いを
    抱えているのなら、それを満たしてあげる
    ように、満たされていたのなら、それと同じ
    ようにしてあげたらいいですね。
    マイナスな経験も、考え方次第でいくらでも
    プラスに転じることができるんですね。
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/