コルクマットを敷いてみた

昨日、注文していたコルクマットが届きました。結局、マットの端は切らずにそのままにして置くことにしました。施工なんていうほどたいしたものでもなく。並べながら凸凹をはめておしまい。

スポンサーリンク
happymylife336x280

Before <じゅうたんのとき>

まだ慣れなくて、変な感じですが。まずじゅうたんのときのリビングの写真、2方向から。

じゅうたん1

じゅうたん1

じゅうたん2

じゅうたん2

After <コルクマットを敷いた>

お次はコルクマットを敷いたリビングの写真2枚、2方向から。

コルク1

コルク1

コルク2

コルク2

こうして写真で見比べると、じゅうたんがやけにみすぼらしい・・・このコルク、別に高級感を醸しだすものでもないのですが。比べるとコルクのほうがだいぶ良い・・・。ぽこすけもとても気に入っています。マットの上でご機嫌で遊んでいました。

初 コルクマットの感想

夏涼しく冬暖かいと書きましたが、実際上に立って見ると、夏はやっぱりフローリングのほうが涼しい。でもさらっと感があるのはコルクマット。コルクマットの上にいると、自分の熱がこもって温かくなるんですね。まだフローリングの方が熱が逃げてくれます。冬は期待できそうです。少し使ってみたら、ホコリやダニ対策として効果があるかわかると思います。

今日はコルクマットにしてから、初めて掃除機をかけてみましたが、特に不便に感じるところはなかったです。マットのふちがギザギザなので、そこにホコリが溜まりやすくなると思うのですが、毎日マットを動かして掃除していたら問題ないですね。マットは軽いので、動かすのはカンタンです。これだけなのに、結構リビングの雰囲気が変わりました。

追記 使用2年後

コルクマットにして、2年が過ぎました。今の状態は継ぎ目の部分にへたりが出てきました。新品のときは、継ぎ目がわからないほどしっかり接続できていて外れにくかったのですが、今は結構簡単に継ぎ目が外れるようになりました。
肌触りはほとんど変わらず、見た目は日焼け後で色むらができているのと、コルク端の継ぎ目部分の凸凹が1-2箇所ちぎれているぐらいです。個人的感想としては、安いじゅうたんよりも見た目の劣化はありません。とても安いコルクだったのですが、安いじゅうたんよりはお得な気がしました。

騒音やほこりについて。コルクマットは、おもちゃなどが床に当たる衝撃をかなり吸収してくれるので、子どものいる家庭は騒音対策になると思いました。トミカやプラレールでよく遊ぶので、手で車両をゴロゴロ動かすときには音や振動が気になるので、マットの上でしてもらっていました。
ほこりやごみは、落ちていても見えにくいです。けれど買った当初に書いていたように、コルクマットを動かして掃除することは面倒なので、毎日はしていません。コルクマットの端の継ぎ目の凸凹は、上から掃除機をかけるだけでOKでした。
たまにコルクマット下の床とコルクマットの裏に掃除機をかけました。細かなゴミが結構あります。コルクマットが古くなってくると特に、継ぎ目部分に隙間ができて、そこから細かいごみが入るようです。
喘息持ちの私としては、ラグやじゅうたんよりも表面のほこりが毎回の掃除で簡単に取り除けるので、優れものだと思いました。

全体的にはとても満足しています。ストレッチなどをするときは、マットの上でするといい感じです。ちょっとごろ寝も大丈夫ですが、短時間でも寝ようと思うと身体が痛いかな。まだ1-2年は使える気がします。その後、また何か敷物を買うとしたら、またコルクにしたいなと思います。

スポンサーリンク
happymylife336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
happymylife336x280