九重の自然満喫の旅

2017年10月初旬、まだ紅葉には早いけれど、過ごしやすい気候で緑の山々に点々と赤く紅葉が始まっている九重。前日は温泉、この日は九重の観光へ。夢大吊橋ややまなみハイウェイのドライブを楽しみました。

スポンサーリンク
happymylife336x280

九重星生ホテルで朝ごはん

夜に温泉に入り、朝は朝食をいただく前にも温泉につかりました。露天風呂は夜とは違って、朝日で山々が綺麗に輝いて、とてもきれいでした。紅葉が始まったばかりで、本格的に紅葉するとさぞかしきれいだろうな~と思いました。

標高がそこそこ高い場所にある宿なので、朝は寒い!!温泉で温まって朝ごはん。登山をする人もいるようで、もうチェックアウトする人がいました。私たちはあとはのんびり観光。

朝ご飯は和食。カメラ持って行ったけど、「わぁ~!」というような豪華な朝食ではなく、まぁ平均的な和食の朝ごはん。ベーコンエッグというのかしら?目玉焼きの下にベーコンを敷くやつね。私は朝食の中で「ん!んんーーー!おいしい!」と思ったのがベーコンでした。近くの牧場から仕入れたベーコンでしょうか。本当に美味しかったです。

あとは焼き魚、お味噌汁、サラダ、お漬物類でした。今回宿泊したは「九重星生ホテル」です。

大分県 九重町 九重九湯の温泉【星生温泉】の宿 九重星生ホテル公式ウェブサイト。九重の宿 星生温泉 九重星生ホテルの宿泊予約や館内案内、天然温泉 展望露天風呂「山恵の湯」、九重の観光、九重の最新情報などを紹介。〒879-4911 大分県玖珠郡九重町田野230 TEL 0973-79-3111

天空を散歩できる九重夢大吊橋

夢の大吊橋入口

九重連山を身ながら、大きな吊り橋を渡れる場所があるというので、行ってみました。橋の高さは173m、橋の長さは390mもあります。標高は777m。冬はチェーン規制が出ているときがあるので、道路情報を見てから行きましょう。

今年、九重夢大吊橋は10周年を迎えたとのことで、入場者はこの日までで延べ10,348,136人という看板が立っていました。入場料その他の情報は下記公式HPを御覧ください。

筑後川源流域にあたる、鳴子川渓谷の標高777m地点に架かる長さ390m、川床からの高さ173mでともに日本一の規模を誇る日本一の人道専用吊橋。橋の上からは日本の滝百選に選ばれた震動の滝の雄滝や雌滝、紅葉で有名な九酔渓の絶景、また天気の良い日には九重連山の壮大な景観を眺めることができます。

この日のお天気は晴天。日差しも強く、少し暑いくらいの気温でした。日本で一番高い吊り橋だそうです。

吊り橋の上青空

橋を渡っている途中にこんな看板がありました。ゴジラでも手が届かないらしい。その看板は下の写真、字が小さいのでわかりにくいかもしれません。ゴジラよりもピラミッドよりも高い位置にあるということが書いています。ゴジラの実物は見たことないので、うーん・・・。要はめっちゃ高いってことね。

吊り橋の高さの表示

歩いていると分かりにくいのですが、立ち止まると橋が揺れているのがわかります。下を見ればめちゃくちゃ高~い><;でも不思議と怖くはないのです。おそらく橋が大きいからだと思います。ちょうど真ん中あたりにこのような注意書きがあって、この足元だけが下をのぞきやすいように足元の隙間が広くなっていました。

スリルスポット

吊り橋の上から下を覗く

ひや~~!たっかー!(高い!)けれども見所はそれだけではなく、雄大な山々、そして滝。大きな水音を立てている滝を「振動の滝雄滝」(写真右)、絹のような滑らかさで水が落ちて来る滝を「雌滝」(写真左)と呼んでいるようです。

吊り橋から見た滝

橋を渡ると休憩所があって、また橋を渡って戻ります。二度目はもうちょっと落ち着いて周りの景色を楽しめました。橋はすれ違うのに十分な広さで、車いすの人も訪れていました。

吊り橋から山を眺める

こういうとこに来るとソフトクリームが食べたくなる

ぽこすけの強い希望により(私も強い希望があり)、ソフトクリームを食べました。パパも誘ったのだけど要らないですって。季節限定のナシのソフトクリームもありました。ナシは好きだし、「限定」に惹かれるのですが、ナシといえばソフトクリームっていうよりもシャーベットを想像してしまいます。私はシャーベットよりソフトクリームがよかったので、無難に抹茶を選びました。

変わったハンバーガーメニュー

食べながら辺りを見てみると、変わったメニューがあって、思わずパチリ。記念に撮影。変わったハンバーガーメニューです。どんな味なのでしょうね。食べなかったのでわかりません。

ガンジーファームへ

ガンジーファーム

次は牧場へ行ってみたいということで、近くにあるガンジーファームへ行ってみました。結構のどかな場所でした。ヒツジやヤギがいました。乗馬をしているのも見ました。私たちがついたのは、ちょうどお昼時だったのでまず昼食をとろうということになりました。が、なぜか今度はパパがソフト熱に侵されて、ソフトクリームをパクリ。私も一口もらいましたが、濃厚なバニラでした。かなり人気で良く売れていましたよ。

昼食は目に留まった洋風のカフェにしました。焼肉という選択肢もありましたが、みんななんとなくお腹空いていなくて。それにこのカフェにはうさぎがいたのです!看板うさぎのシナモンちゃん(上写真)とミントちゃん(下写真)。

うさぎシナモン

うさぎミント

肝心のランチの写真を撮るのを忘れたのですが、おいしいホットドック。ウインナーがおいしい!ケチャップもたっぷり。ぽこすけが頼んだリンゴジュースが絞り立てのような味で、とても美味しかったです。

10月ということで、店内にはハローウィンのデコレーション。何気に見つけた張り紙「Trick or Treatと言えたらお菓子あげるよ!言ってみてね!」と言うのを見つけて、ぽこすけに肘でつんつんして、「言ってみたら~?」

かなり恥ずかしがっていたのだけど、帰り際にお店の人が聞き耳立ててくれて、やっとこさ言えた「Trick or Treat」。その発音がお店の人にはネイティブっぽかったようで、えらく感動されました。お店の人が私に「英語習ってるんですか?」と聞いたのですが、私はとっさにどういっていいかわからず「え、いいえ、あの、なんとなく・・・。」と訳の分からない返答をしてしまいました。ははは・・・。でも実際、何となくなんだけどね。

お店前のうさぎのケージのところに、100円の寄付のお願いが書かれてありました。ミントちゃんとシナモンちゃんの医療費にあてるとのことでした。レジで100円寄付しますと言うと、ちょっと待たされて、温かい出来立ての白玉団子&黒蜜かけをいただきました。とてもアットホームな雰囲気ただようカフェでした。ハーブティーが豊富にあって、茶葉も販売していたので、ハーブ好きな人にはおすすめです。あと、うさぎ好きにもおすすめします。

ガンジーファームにあるカフェ「Tea Tree(ティーツリー)」のHPは下記の通りです。

牧場なので、ヤギやヒツジがいました。手からエサがあげられるよう、ニンジンが打っていたのですが、ニンジン持ってる人間の数の方が多くて、お腹いっぱいなヤギたちが多かったです。ヤギの目って面白い・・・。

ヤギの目

うさぎ小屋があって、のぞいてみたのですが・・・。残念な思いが。飼育環境、劣悪と言わねばなりません。このことについては、うさぎ用のサイトに詳しく書きたいと思います。

やまなみハイウェイの美しさがヤバい

やまなみハイウェイ

牧場を後にして、ゆっくり景色を見ながら帰路に。気候も丁度良く、窓を開けて車を走らせるととても気持ちが良かったです。そしてなんといっても景色!!雄大な山々に緑の草原。ススキもあちこちで陽に輝いていました。

九重すすき

運転手のダンナちゃんも超ご機嫌。私も窓を開けて写真撮影、どこを撮っても絵になる。一つ気が付いたことがありました。紫外線がきつく、カメラレンズに紫外線カットのフィルターをしていなかったので、肉眼でみるよりも遠くがかすんで写ってしまいます。

車の窓ガラスが紫外線カットするのであれば、窓を閉めて写真撮影したほうが色は綺麗に出ました。窓越しだから、反射していらんもん写ってしまいますがね。

九重の景色

やなまみハイウェイ、日本百名道に選ばれているというのも納得!四季折々の変化があると思うので、いつ行っても楽しめると思います。ただし冬1-2月は路面凍結でチェーン規制や交通規制されることがあるので、行く前に調べておくことが必要です。

どの季節も楽しめそうな九重

四季折々の景色を楽しませてくれる九重。冬はさすがに寒がりの私には厳しいかもしれませんが、それでも九重連山の雄大さは、いつ訪れても圧倒されることでしょう。

九重町には九重九湯(宝泉寺温泉、壁湯温泉、川底温泉、竜門温泉、湯坪温泉、筋湯温泉、筌の口温泉、長者原温泉、寒の地獄温泉)があるとのこと。今回行った星生温泉は、寒の地獄温泉と牧の戸温泉の中間にあたりにある温泉でした。他の温泉もまた違う季節に行ってみたいです。

スポンサーリンク
happymylife336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
happymylife336x280