英語アレルギーだったの 第3話

私がどうやって英語が好きになって、洋書を読むようになったかを小説風に書いた連載もの。今日は第3話です。

スポンサーリンク
happymylife336x280

前話までのお話

第1話 出だしでつまづいた!
第2話 どこへ行っても英語がつきまとう

第3話 怖いもの知らずって怖い

会社でのことや、初めての海外旅行で悔しい思いをして、「英語が話せるようになろう!」 そう決心してから、まず私が向かったのは英会話教室だった。某有名英会話教室。電話で予約を入れた。対応してくれるのは日本人男性。

かたくな過ぎる英語反発心

教室のロビーでその男性が来るのを待っていたら、外国人講師が声をかけてきた。「何してるの?」って英語で言ったと思う。多分・・・。なにしろ英語が全く聞き取れなかったもので。私は日本語で「○○さんを待っています。」と応えたら、英語で言えと英語で言われた。

私はムッとした。なぜなら私の理屈はこうだった。私は心の中で「は?英語がわからないからここへ来てるのに、なんだよ英語で言えって!絶対しゃべらない!いやだー!!」と叫んだ。その外国人講師はその間も何度も英語で言えと言ってきた。無視し続ける私(~~; (こんなにも英語が嫌いで怖くて、反発心強かった)

今から思えば、外国人講師の言うことは当然のことなのだとわかる。英語が話せなくて、でも英語を話したいからここに来ているのだから。しかし私の英語力ではほとんど何も頭に浮かばなかったのと、英語恐怖症とが重なって、何もいえない、いいたくないという、変な意地?金縛り?みたいなものが私を支配していた。(フリーズしてしまうってやつかしら?)

結局一言二言話したのかどうなのかは覚えていない。すぐに約束をしていた男性がやってきたので、そこで外国人講師とのやりとりは終わりになった。

日本人講師で英会話教室スタート

そうして男性に英語のレベルチェックをしてもらい、初めは日本人講師からスタート、それもグループに入るのではなく、プライベートでスタートということになった。

日本人講師は女性でやさしく、日本語で教えてくれた。私は時間が終わっても先生が次にレッスンが入っていないときには1時間ぐらい質問攻めにした。そうしてなんとか英語に対して前向きになってきたころ、英検を受けてみようかと思い始めるようになった。

なんとか英検3級を手にした

そのときには同じ日本人の年下の女の子と二人のクラスになっていた。その女の子も同じく英検3級を受けるという。絶対合格したい!と、試験対策に問題集を買って勉強した。面接対策に、英会話教室で面接の練習をした。

そして無事、英検3級に合格した。24歳のときだった。

それからの私は、英語が楽しくてしょうがなかった。「何か英語に関わる仕事がしたい。」漠然とそう思うようになり、あるとき求人雑誌を見ていたら、ある超大手外資系企業の求人を見つけた。

その会社は学生時代の友人がいるところだ。早速その友人に電話して、どんな会社か聞いてみた。仕事で英語をかなり使うらしいということがわかった。なんでも上司が外国人で、日本語はわからないという。社内文書も会議も英語だという。

何かの間違いが起こってしまった まさかの採用

そのときの私は、なんの躊躇もなく「これだ!」と思い、すぐに履歴書書いた。英語の履歴書も書かなくてはならず、自分で書いたものを、英会話教室の外国人講師に見てもらい、応募した。するとしばらくして、書類選考に通り、次は筆記試験と面接を受けてくださいという連絡があった。

喜んで試験を受けに行き、なんだかわからないうちに採用の通知をもらった。

そうして外資系企業での英語の試練第2弾が始まった・・・。

次回へ続く

次回の英語アレルギーだったの第4話はlinkとんでもないとこにきちゃったかもです。

スポンサーリンク
happymylife336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
happymylife336x280

コメント

  1. 岡村ゲゲゲ より:

    1 ■こういう 歴史もいいです
    ぼくは父親が死んだとき

    3ページですが
    父親の歴史を書いたが冊子のページがあって
    とてもよかったです

    大変な財産になります
    岡村
    http://ameblo.jp/okamuragegege/

  2. われもこ より:

    2 ■Re:岡村ゲゲゲさんへ
    >岡村ゲゲゲさん
    コメントありがとうございます。
    お父様の歴史ですか。
    自分の知らないお父さんの若い頃。
    そういうの、残すのっていいですね。
    大切な宝物ですね。
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/

  3. Higashi より:

    3 ■英会話
    こんばんは、Higashiです。
    やっぱり、英会話はきっかけがないと、
    学びにくいものですよね…

    自分の場合、学校で週に1回、
    ネイティブによる英会話の授業が高2までありましたので、
    何かしらの形で英会話を学ぶ場はありましたね。
    しかし、テキスト通りの指導だったので、
    あまり面白くなかったです(笑)

    あとは、とあるマスコットで話題になったところにも行きましたが、
    少人数であるとしても、余り効果がなかったですね。
    やっぱり、「お勉強」的な性格だったからであると思います。

    いまは、強制力が働かないため、
    楽しみながら勉強しています。
    そのためか、余裕もって勉強してますし、
    英会話する機会があればしたいですね。
    そのような場面は、突然に来るわけですけど。

    われもこさんも、大変な思いをされているんですね。
    http://ameblo.jp/higashi91/

  4. われもこ より:

    4 ■Re:Higashiさんへ
    >Higashiさん
    コメントありがとうございます。
    Higashiさんもいろいろされていたのですね。
    確かにテキストは面白くないです。
    英会話教室に行っていましたが、あそこは度胸を付けるのには役立ちますが、もともと英語の力がある人以外は、一定以上のレベルに達すると、あとはお金の無駄遣いになっているだけのように感じます。
    それに週1回程度の英会話では、到底話せるようにはならないですね・・・残念ながら。
    英語を話す機会というのは、おっしゃるように突然きますね(^^)
    私は来週あるかもしれません。
    今在宅で翻訳している会社から、出社するように言われました。何でも外国から人が来るそうです。いろいろ質問とかあるので、駆り出されるのかと・・・
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/

  5. 桜しんちゃん より:

    5 ■無題
    次回楽しみですね(^w^)
    http://ameblo.jp/wada0623/

  6. われもこ より:

    6 ■Re:桜しんちゃんさんへ
    >桜しんちゃんさん
    コメントありがとうございます。
    うれしいです!また続きを書きますね。
    これからが面白いところです!
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/

  7. じゅうと より:

    7 ■こんにちは。
    以前にわれもこさんのブログにコメントしてから多読レベル1だけど頻繁に読むようになってあれから15冊読みました。
    完全に影響されたみたいです(*^_^*)
    レベル1なら10分くらいでスラスラ読めるしシンドさも感じずに多読の面白さを実感できます。
    次はレベル2にグレードupしようか今迷っているところです。
    外資系企業での話すごく気になります。
    また読ませていただきますね。
    http://ameblo.jp/soupbubbles110107290527/

  8. われもこ より:

    8 ■Re:じゅうとさん
    >じゅうとさん
    こんにちは。
    コメントありがとうございます。
    まぁまぁ~(*^^*)
    うれしいお言葉。
    多読を楽しんでいらっしゃるのですね!
    多読仲間が増えるって、本当にうれしいことなんです。
    この次のお話、外資系企業でのことは、泣いたり笑ったり、本当にいろいろあったんですよ。
    そしてたくさん成長もしました。
    お楽しみに。
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/