子育て期の必読書 しつけと体罰

スポンサーリンク
happymylife336X280




しつけと体罰

なんだか怖そうな、面白くなさそうなタイトルですが、これすごくいいです。分かりやすくてすぐに実践できそう。具体的にどうしたらいいかが書かれています。

この本は2週間に一度、うちに訪問してくださっている助産師さんに教えてもらいました。

すごくいいこと書いてある育児書があったとしても、じゃあ実際具体的にどうすればいいの?ということ、ありませんか。この本はそういう気持ちにはさせられませんでした。

しつけって何だと思いますか? 挨拶ができるとか礼儀をわきまえてるとかお行儀がいいとか? 著者の言うしつけとは、子供が自立できるのをガイドすることです。

体罰とは子どもに恐怖感を与えることです。子どもは恐怖からその問題の言動をやめるだけで、外(他者)からのコントロールなんですね。子どもは怖いから、痛いから止めるだけで、体罰から受けるメッセージとは、こんなとき暴力を使って表現すればいいんだ、ということだけです。

体罰を加えるのではなく、問題行動をする子どもの本当の原因を理解してあげて、ある年齢になったら、自分で解決方法を選ばせて、あるいは考えさせてあげることがいいそうです。そうやって外から(他者から)コントロールされるのではなく、自らが自らをコントロールできるようガイドしてあげること、これが自立させるということみたいです。

著者は体罰は百害あって一利なし、と言い切っています。

そのわけとは? 具体的にはどうしたらいの? 気になる方は、ぜひこの本を手にとってご覧になってみてください! 目からうろこがぼろぼろ取れていくかもしれませんよ~^^

スポンサーリンク
happymylife336X280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
happymylife336X280




コメント

  1. 仲間です^^ より:

    1 ■不毛地帯
     われもこさん、
    おひさしぶりです
    先日、受けてきました。
    最後の司法試験を・・・・

    自己採点の結果は48点。
    去年より難しくて、
    悔いの残るミスも2,3ありました・・。
    非常に際どく、全く安心できない点数です・・・

    今年の出願者数16088人・・・、
    合格するのは50人枠までしかありません・・・。
    倍率300倍超していますが、
    できる限りの努力をしようと思います・・・

    「司法試験の自習室」で、
    われもこさんを見てから
    今年で5年目でしょうか・・・・

    ドラマの「不毛地帯」・・・
    シベリアでの強制労働の後、
    中東のサルベスタン鉱区で石油に挑戦します・・

    何度も失敗し、
    砂まみれになりながら、
    資金力も費え・・
    これで最後と決めた5本目の井戸・・・・!

    奇跡的に、見事に石油を掘り当てました・・。
    われもこさんに会って5年・・・。
    私も、何度も失敗し、
    挫折感に苛まれながら・・、
    今年で最後の試験を受験しました・・。

    奇跡的に、
    石油を掘り当てられるか・・・。
    自分でも、わかりません・・・。
    それでも、頑張ろうと思います!

    この不毛地帯で・・・・

    私事になりましたが・・。
    われもこさん、
    子育て頑張ってください!

    皆さんに、
    幸福が訪れるよう
    お祈りしています・・・

  2. われもこ より:

    2 ■Re:仲間ですさんへ
    >仲間です^^さん

    お疲れ様でした。
    本当によく頑張られましたね。
    私も短い期間でしたが、実際にあの環境に身を置いたからわかりますが、並大抵の根性では続けられませんよね。
    心から敬意を表したいと思います。

    それにしても300倍とは・・・
    言葉になりません。

    今はまだ次の試験のため、気を抜けないのでしょうが、最後ということであまり力が入りすぎないよう、適度にリラックスして日々をお過ごしください。

    体には十分お気をつけて。

    ただただ仲間ですさんのお幸せをお祈りいたします!
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/