英語アレルギーだったの 第7話

大変ご無沙汰しておりました。もうこのブログのこと、忘れられちゃったのではないだろうか・・・と不安になりつつ、第7話をお届けします。

スポンサーリンク
happymylife336x280

前話までのお話

第1話 出だしでつまづいた!
第2話 どこへ行っても英語がつきまとう
第3話 怖いもの知らずって怖い
第4話 とんでもないとこにきちゃったかも
第5話 右も左もわからない
第6話 必死で生き残る!

第7話 さよなら英語

気がつけば私は、6年以上この会社で英語を使って働いていた。英語のレッスンも卒業し、まだまだ英語勉強中ではあったが、もう入社したときのようにワケがわからずオロオロすることはなくなっていた。相変わらず毎日山ほど英語のメールを読んで書いて、報告書を書いて書いて、英語の文献や社内文書を読んだり。電話もあったし、もちろん会議もたくさんあった。初めの頃のように、上司に通訳してもらうこともなくなったし、大きなミーティングに出ても、同時通訳の機械を借りることもなくなった。

当時の深刻な悩み

私は「そこそこ」やっていけてる。なんだかそういう中途半端な自信のようなものが自分の中にあった。でもその頃私には、大きな悩みがあった。それは自分が馬鹿になったか、何か頭の病気になっているのではないか、頭がおかしくなったんじゃないか?ということだった。職場では英語や日本語で聞いたり話したりしていたのだけど、英語で聞いた情報を理解はしていても、日本語にできないのだった。

新しい言葉を英語で知り、それに対する日本語を知らなくてもやっていける環境であったし、いちいち頭の中で翻訳などしていなかったからだと思う。でもたまに日本語で説明したいときもあって、そういうときに変な日本語で説明したりしてしまう自分が、馬鹿なんじゃないだろうかって。

それに加え、日本語で聞いたことよりも英語で聞いたことのほうが、早く忘れる傾向にあった。日本語で聞いたときに比べて、短い時間で内容があやふやになってくるようだった。英語の比率が多いだけに、結構これは深刻だった。ちゃんと記憶に残っていたことについては、いったいそれの元は日本語だったのか、英語だったのか、ということもわからなくなっていることがあった。このような頭の混乱は経験したことがなく、ひどく不安になるときがあった。

1つの転機が訪れた

しばらくして、私は通信制の大学を始めることにした。初めはなんでもよかったのだ。何か勉強がしたくなっただけだった。英語をやろうかとも思ったのだが、会社でも大学でも英語というのは芸がないと思い、ニガテだった法律の勉強をすることにした。

今になって思えば突然大学に行くという、現状とは何の脈絡のない行動の裏には、上述した「頭がおかしくなったんじゃないか?」の不安から逃れたかったという気持ちが隠れていたのではないだろうか。(他にも理由はあるのだが、英語とは関係ないので割愛する)

ところが意外にも法学は面白く、私はしだいに今いる化粧品業界から法律の世界へ移ることを考え始めていた。そして法律の勉強に専念するために、会社を辞める決心をした。

その頃の私は、英語の会議で質問したり発言したりできるようになっていて、会社がつまらないというわけではなかった。むしろ楽しくなってきていたのだった。しかし両方をちゃんとこなしていく時間もないほど、大学と資格をとるための予備校が忙しく、どちらか進むべき道を選ばなくてはならない時期に来ていた。

お世話になった会社を退社 英語とさよなら

そして6年半お世話になり、育てていただいた会社を去ることにした。その後、法律の勉強を何年か続けている間は、英語とは全く無縁の生活を送っていた。

法律の勉強を5年ほど続けた後、体調を崩して長期療養が必要になった。私は資格試験をあきらめて、しばらく休養することにした。英語から離れておよそ7年。休養もたっぷりとり、心にゆとりが出始めた頃、また英語を始めたいと思うようになった。

出会いをもとめて彷徨った

でもどう始めたらいいのかわからなかった。

英語の勉強なんて、私には無理だと思っていた。続かないからだ。会社で使うから、というのでなければ、そのうちに疲れてやめてしまうのではないか。その当時でもやはり、英語の勉強はつらいものだというイメージは持っていた。

楽しくて楽しくて仕方ないほどの方法はないだろうか・・・。この時期、かなり悶々としていた。自分が求めているものが何なのか、はっきりわからなかったし、どこへ行けばみつかるのかもわからない。ただどんなに小さなシグナルでも見逃すまいと、必死でアンテナを立てていたのを覚えている。

書店へ行くたびに英語のコーナーへ行き、本を探してみたりした。そうしてある日、私はいつもいく書店で運命的な出会いをした。

私の英語に対する意識を変えてくれた本、そして私の人生までも変えてくれた方法。この出会いにより、私の人生は豊かになっていったのだった。

続く

次回からは、私が経験したわくわくする英語との出会いと、不思議体験をお届けします。お楽しみに。

次回の英語アレルギーだったの第8話はlink多読との出会いです。

スポンサーリンク
happymylife336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
happymylife336x280

コメント

  1. はとちゃん より:

    1 ■はじめまして
    興味深く読ませていただきました。
    兵庫県出身、東京在住、ペットはうさぎの「はと」と申します。
    私も英語の勉強をしたくて、最近多読を始めました。
    すごく続き(8話)が気になります(笑)。
    うちの夫も外資系社員として20年勤めていますので、かなり漢字は怪しいですよ~。
    圧倒的な量の英語を読んだり書いたり話したりすることで、英語を英語のまま理解しているみたいですけど、使わないと退化するのかな。
    http://ameblo.jp/bienvenue-ami/

  2. われもこ より:

    2 ■Re:はとちゃんさんへ
    >はとちゃんさん
    はとちゃんさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    共通点ありますね。
    兵庫出身と、うさぎ好き。
    うちの子は「なのは」です。「なのはっち」と呼んでいます(^^)
    私もはとちゃんの旦那さま同様、外資系会社に勤めて日本語を書かなくなってから、漢字が信じられないほど書けなくなりました。
    平気で間違った漢字を書いて、指摘されるまで気づかないとか(^^;
    英語も使わないとすぐ忘れちゃいますね。
    8話からは、今までと全く違う英語との関わりになります。
    また読みに来ていただけたらうれしいです。
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/

  3. 青男 より:

    3 ■無題
    いつも楽しく拝見してます:)
    最近は一日の勉強時間が極端に低いながらも英語に触れてます。
    今回の英語の情報を日本語で説明できない、英語は忘れやすい、というのはすごく興味深い話でした。そして自分を馬鹿になったと思い込むというところまで、なぜか驚くほどイメージが出来ました。現在楽しくしておられるならなによりです。
    続きも楽しみにしております!
    http://ameblo.jp/higmas/

  4. われもこ より:

    4 ■Re:青男さんへ
    >青男さん
    いつもご覧頂き、ありがとうございます。
    そしてコメントもありがとうございます。
    実は本当に馬鹿なのかもしれませんが(^^;
    あまり自分のことを悪く思うのは、よくないんじゃないかって思うのです。
    今は肩の力を抜いて、なんのプレッシャーもなく、英語を楽しんでいます。
    続きも楽しみにしてくださるなんて、とてもうれしいです☆
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/

  5. blossoms より:

    5 ■お疲れ様~
    お仕事で英語に携わっていた時は大変だったと思います。お疲れ様でした。

    私も英語はおちこぼれ組だったんです。。。
    だけど子供の頃に洋楽が大好きで、嫌いとか苦手意識はありませんでした。勉強でなく娯楽から英語に入っていったのが良かったです。

    http://ameblo.jp/cherry-bls/

  6. われもこ より:

    6 ■Re:blossomsさんへ
    >blossomsさん
    コメントありがとうございます。
    そうなのですね。
    苦手意識がないということは、上達に必要なことですね。
    そして娯楽=楽しい=継続できる
    がいいですね。
    語学は継続がなければ忘れる一方ですからね。
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/

  7. CHiKA より:

    7 ■はじめまして。
    私も今、英語の勉強しているところです。
    とは言いましても今は学校を休学しているのですが。
    復帰するのは少し先の予定なので
    覚えていた事を忘れそうです恐いです…。

    続きがとても楽しみです。
    ぜひ参考にさせて頂きたいと思います。^^
    http://ameblo.jp/love-manabu/

  8. われもこ より:

    8 ■Re:CHiKAさんへ
    >CHiKAさん
    はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    英語の勉強、今はお休みされているのですか。
    休養が必要なときは、ゆっくり休むのが一番だと思います。
    忘れてもまた思い出せばいいですよ。
    大丈夫です。
    立ち止まったおかげで、目にすることのなかったことを目にして、それがいつか役立つときってあると思うんです。
    今を大切になさってくださいね。
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/

  9. ゆかり より:

    9 ■わかります
    英語で聞いたことを日本語にすると、変な日本語になってしまう感覚・・・わかります。初めはそんんことはありえっこない、考えられないのですがある程度意英語に親しむとそういうことがあるようです。私も含め、長くイギリスに住んでる方々からそういう話を聞いたことがあります。私がブログを始めたひとつの理由は、日本語で考える機会、日本語の脳を活発にしようということでもあったります。
    http://ameblo.jp/myjapanmyuk/

  10. われもこ より:

    10 ■Re:ゆかりさんへ
    >ゆかりさん
    コメントありがとうございます。
    そうなんですね!それを聞いて、なんだかほっとしました(^^)
    英語をちゃんとした日本語にするのって、英語がわかるのとは違い、ちゃんと訓練がいる気がするのです。
    最近翻訳の仕事をしてて、しみじみそう思うようになりました。
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/

  11. OZ より:

    11 ■お忙しいでしょうのに
    勝手なおねだりをして申し訳ないのですが、

    続きが読みたくてうずうずしています...。
    http://ameblo.jp/umhtr/

  12. われもこ より:

    12 ■Re:ozさんへ
    >OZさん
    コメントありがとうございます。
    まぁ、なんてありがたいことでしょう。
    では時間を見つけて書きますね!
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/

  13. OZ より:

    13 ■Re:Re:ozさんへ
    >われもこさん
    あのぉ、われもこさんのペースで良いんですよ。念のため。

    それはそうと、
    英語の理解イコール、英語の文章からそれが意味しているイメージを思い浮かべること
    例えば Birds are flying. という英文を読んで、青空を群れて飛ぶ小鳥たち(或いは曇り空を死骸を探して飛ぶハゲタカたち)のイメージを、目に見えるように浮かべること、

    で、日本語化(翻訳)、というのは、その、心に浮かんだイメージを「どれだけ、いろんな人生経験を持つ多様な日本人の誰でもに、同じように間違いなく伝えるか」という、なんていうか、小説を書くような大変な作業だと思います。

    ボクは英語を読むのは好きですけど、翻訳しろ、といわれたら「疲れるぅ~」と思ってしまいます。

    翻訳って、本当に大変な重労働だと思います。

    二つの作業を行うこと
    http://ameblo.jp/umhtr/

  14. われもこ より:

    14 ■Re:ozさんへ
    >OZさん
    お気遣いありがとうございます。
    で、英語で理解するって、書いて下さっているとおりですね。
    翻訳も、私もそうだと思います。
    化粧品業界での翻訳ですと、日本国内の広告規制がありますから、単に訳すだけではダメですし。
    直訳しても日本人にはぴんと来ない表現って、意外にあると思います。
    それは全体を読んで、書いた人の本当のメッセージが伝わるように、私はちょっと表現を変えたりもしますね。
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/