英語アレルギーだったの 第9話

このシリーズ、ちょっとご無沙汰でした。すいません・・・。まとまった時間を取るのが難しい今日この頃。うちの王子ぽこさんの成長に伴い、寝てくれる時間も少なくなってきて、なかなか先の予測がつかない生活です。まだまだベテランママさんにはほど遠いですね~。

スポンサーリンク
happymylife336x280

前話までのお話

第1話 出だしでつまづいた!
第2話 どこへ行っても英語がつきまとう
第3話 怖いもの知らずって怖い
第4話 とんでもないとこにきちゃったかも
第5話 右も左もわからない
第6話 必死で生き残る!
第7話 さよなら英語
第8話 多読との出会い

第9話 英語を前から読む

多読を始めて感じたこと。それは以前仕事で英語を使っていたにも関わらず、意外に本が読めない!ということ。もともと英語が苦手だったので、仕事に使うような単語や言い回しは知っていても、子供向けの物語に使われている言葉がわからない。ネイティブの子が普通に身につけていくような表現が、ごっそり抜けた英語力。

メールや報告書は書けても、子供の読み物が理解できないなんて、実は私の英語基礎体力のレベルは低かったんだ。英語をわかった気になっていただけ・・・?この発見は、結構ショックだった。

返り読み禁止

多読は簡単な本を辞書なしでどんどん読んでいくのだが、もう一つ、返り読みをしないということも重要だ。返り読みとは、英語を後ろから読んだり前に戻ったりして読むこと。英語と日本語の語順が違うので、学校でそうやって訳すように教わった、あのやり方。

すごい人なんて、鉛筆持って節ごと?に線で区切りながら読むって聞いたことある。私はもともと文法の「知識」なんてほとんどなかったから、やろうとしてもできないのだけど。今でもよくわからない。でも翻訳はできてる。

私は昔、手に書くもの(鉛筆など)を持っていないと英文が頭に入ってこない時期があった。これって英語を「勉強」としか身体が捉えてないからなのかもしれないと思った。今の私にとって英語とは言語。コミュニケーションツール。英語を介していろんな情報を受け取ったり伝えたりするツール。勉強してレベルアップするというより、使いながらレベルアップするというイメージ。

だから私は英語の問題集などをやる時間があったら、洋書を読んだり、今なら翻訳の仕事をしたりしている。最近は仕事で海外の取引先とメールでやりとりもするようになったので、いい機会に恵まれている。

英語を前から読むことで得られる 英語のまま理解とリスニング力

返り読みから大分話がそれてしまったが、英語を前から後ろへ読んで理解できるようになると、良いことがたくさんある。まずは読むのが速くなる。そして日本語に訳さなくても理解できるようになる。さらになんとリスニング力が上がる。

どうして返り読みしないで読めるようになると、リスニング力が上がるのか考えてみた。おそらく英語を前から順に聞いて理解できるからなのではないかと思った。後ろの部分まで聞いてから意味を掴むようでは、速いスピードや長いスピーチだと、途中でついて行けなくなったり、疲れてしまったりすると思う。

私は以前外資系企業で英語を使って仕事していたときは、返り読みしなかったし、日本語にいちいち訳さなくても理解できていた。しかし多読を始めて、今まで触れたことのない児童書の英語表現にとまどい、ときどき返り読みをしなければ理解できなかった。(補足 会社員時代、もちろん始めは返り読みして日本語に訳しながら理解していました。けれどもそれでは全くスピードが追いつかないのです。だから否応なしにそうなるしかなかった、という状況でした。)

返り読みが今できないからといって、返り読みをしないように「頑張る」必要はない。ちょっとだけ意識しながら読むようにするだけで、たくさん読んで慣れてくるといつのまにかできるようになる、そんなものだと思う。

返り読みをしないで、日本語に訳さないで読む癖がついてくると、英語特有の表現があらわす意味というかニュアンスみたいなものというか、そんなものがわかってくるような気がする。無理やり日本語にしてしまうと、英語で表されたいい感じの表現が台無しになってしまうような気がしてくる。自分がとても優れた翻訳家なら、いい感じに日本語にもできるのかもしれないが、私にはとてもそんな力はなく、やっぱり英語のまま楽しみたい。

数値化された自分の英語力がすべてではない

多読はテストもないし、数字などで英語の習熟度を確認することもない。数字で英語の習熟度を表すことに慣れている、あるいは習熟度の数値化(客観化)を求めたがる私たちにとっては、多読をしたことによって得られる効果が本当にあったのかさえ、不安に思えるときもあると思う。

初めは私はそう思っていた。でも今はTOEICなどで出るスコアとか、英検何級とかもいいけど、それで本当の英語の運用力はわかりっこないと感じている。英語に関する知識はあるかもしれない。でも運用力は?実際どれだけ英語圏の人や、英語を理解できる人たちとコミュニケーションできる?どれだけ自分にとって有用な情報を受け取れる?そんなことを考えたりする。

多読を始めて、洋書を読むときには辞書を引かなくなったのだが、どうやって語彙が増えていくのか?これは不思議に思う。私は劇的に語彙が増えたわけではないが、増えたことは確か。辞書を引かなくても、知らなかった単語の意味を理解するようになる。これについてはとても不思議体験なので、また回を改めて。

続く

いかがでしたでしょうか。英語に限らず、語学の習得って興味深いなぁと思います。今子供が8ヶ月で、まだまだ言葉は話しませんが、日本語を習得していく過程にとても興味がわいてきました。

次回の英語アレルギーだったの第10話はlink辞書を引かずにどうやって語彙が増える?です。

スポンサーリンク
happymylife336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
happymylife336x280

コメント

  1. ピデキ より:

    1 ■すごいなー。
    いつも拝読させていただいてます。

    まだまだ英語分からなくて…

    ちょっと前まで、頭の中で訳し、
    喋る言葉も日本語から英語にしてたけど
    それじゃいかんて思って。

    まだ英語をそこまで必要とされない
    業務ですけど、できないから、
    そこまでしかやらせてもらえない、
    と思うんです。

    実は、われもこさんが
    以前オススメされてた
    多読入門買いました!

    まだまだこれからです…
    http://ameblo.jp/pidetaro/

  2. Higashi より:

    2 ■無題
    こんばんは、Higashiです。

    前から和訳していく。
    これ、大学でやらされたことがありますが、
    慣れるまで時間がかかりましたね。
    中学、高校の本文の解説は、
    前から順に訳し、最後に後ろに戻って訳す、
    というのが当たり前でしたから。
    なので、前から和訳するだけでいい、となると、
    なかなか慣れることが出来ませんでした。

    いま思うと、この和訳方法でいくと、
    洋書読むのが、楽ですよね。
    やっぱり、読む目的で、読み方は変わる、とはよく聞きますけど…
    http://ameblo.jp/higashi91/

  3. deepblue-a より:

    3 ■語彙が増える
    私も夏休みに5冊英語の絵本(小、中学生用)を読みましたが、語威力が無くて、どうしても辞書を引いてしまいました。特に、ベンジャミンフランクリンの伝記は、知らない専門的な単語ばかりで、意味を知らない事には内容がわからなくて、読破の為辞書を引きました。
    英検の時に、前から理解していく方法は出来るだけ意識していたので、これはとてもいいと思います!
    多読で語彙が増えて、リスニング能力も上がるメカニズムはいかに・・・次回楽しみにしています!
    http://ameblo.jp/deepblue-a/

  4. Blossoms より:

    4 ■同感です!
    私も英語脳を築くため、日本語を排除して英語で考える癖をつけ、頭から訳していく練習をしたので、リスニングにも効果がありました。

    翻訳のお仕事素晴らしいですね。私はまだ勉強中なんですが、もし将来、実力がついて仕事できるようになったら色々と教えてください。
    http://ameblo.jp/cherry-bls/

  5. はとちゃん より:

    5 ■読んでいるとき
    私も英語の多読やってみようと思って、娘の多読の本を読んでみていますが、日本語のように読むことに集中しないで読み流すことができないので、だんだんつらくなってきました。
    目だけで字を追っていて、気がつくと他のことを考えてしまっていたり。
    ちょっと、壁に感じて立ち止まっています・・・。
    話がずれましたが、われもこさんにはそういう経験はなかったでしょうか?
    http://ameblo.jp/bienvenue-ami/

  6. われもこ より:

    6 ■Re:ヒデキさんへ
    >ピデキさん
    いつも読んでいただき、ありがとうございます。
    コメントも、ありがとうございます!
    話したり書いたりのとき、日本語から英語に訳していると、遅いし日本語にとらわれてしまって、なかなか英語が浮かんでこなかったり、変な英語になったりすると思います。
    慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、後が楽だと思います。
    多読入門、ご購入されたのですね!いかがですか?楽しんでください♪
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/

  7. われもこ より:

    7 ■Re:Higashiさんへ
    >Higashiさん
    コメントありがとうございます。
    へぇ~
    前から和訳するのですね。
    私はそういうこと知ったのは、社会人になってからで、知り合いで通訳してる人がそんなことを言っていました。
    それを聞いたときは、どういうことなのか、あまり分かっていませんでしたけど・・・
    私の記事で、言葉足らずだったなと思ったのですが、私は和訳をするのは翻訳の仕事をするときぐらいです。
    読むときは頭の中に日本語は入ってきません。書くときも、あまり日本語では考えないですね。
    初めはそれでわかっているのが不思議でしたが、今ではそれが普通になってしまいました。
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/

  8. われもこ より:

    8 ■Re:deepblue-aさんへ
    >deepblue-aさん
    コメントありがとうございます。
    そうなのですね!小、中学生用といっても、結構読み応えのあるものもありますよね。
    私は実は語彙力には自信がないのですが、(日本語も同じく)知らない単語があっても辞書は引かずに読みます。
    そのときは気持ち悪いし、よくわからないのですが、何度か違う本でその言葉に出会ううちに、この言葉のイメージが出来てきます。
    手元にある本ならば、また読み返せるので、わからなくていいっていう気がしています。
    日本語の(大人の読む)本でも、100%理解できてるかといえば、私の場合はできてないですから、いいやって思うのかも知れません(笑)。
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/

  9. われもこ より:

    9 ■Re:Blossomsさんへ
    >Blossomsさん
    コメントありがとうございます。
    おぉ~!やっぱりリスニングに効果がありましたか~!
    そういうの、他の人ではどうなんだろうって思っていたので、うれしい情報です。
    私は翻訳の仕事と言っても、特に翻訳の勉強したわけではなく、仕事場でたまたまそういう機会があって、やったらどんどん仕事がくるようになっただけなので、恥ずかしいです・・・
    私のほうこそ、いろいろ教えていただきたいです。
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/

  10. われもこ より:

    10 ■Re:はとちゃんさんへ
    >はとちゃんさん
    コメントありがとうございます。
    娘さんの多読の本っていうのは、どんな本なのでしょう。
    興味がわきますか?
    読んでいて楽しいですか?
    日本語の本でも楽しいとか興味がないと、読むのがしんどいですから、英語ならなおさらではないでしょうか。
    私は壁らしい壁ってなかったのですが、ちょっとした・・・そうですね、面白くないな、と思ったときは、他の本を探します。
    レベルも自分にあっているか見たほうがいいでしょうけれど、それ以上に読んでいて楽しいかのほうを重視したほうがいいと思います。
    面白いというのは、お話が面白いということや、英語そのものが楽しいと思える、という意味です。
    それと、私は疲れているときはやはり読むのがしんどいので、そういうときは好きなことしたり、漫画とか日本語で書かれた自分の好きな本を読んだりしています。
    体調も関係あると思いますよ~
    無理せずに楽しむことを最優先にしてみてください♪長続きすつコツです。
    あ、あとご自分にノルマを課さないであげてくださいね。結果、疲れてやめちゃうっていうこともあるかもしれないので。
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/